作曲教室やってます

おすすめコード進行(1)全40パターン ポップスからロック・AOR・ボサノバまで

こちらのページでは、ポップス・ロックなどで使えるおすすめのコード進行を40パターンご紹介していきます。

すぐにでも作曲やバンドセッションなどに活用できるものばかりなので、是非楽器を弾きながらコード進行の響きを味わってみて下さい。

※ご紹介するコード進行は、さまざまな構成を体感するためにあえていろいろなキーを活用しています。

目次

おすすめコード進行

1. ダイアトニックコードのみの構成

(キー=C)

「Dm7 → G7 → Em7 → Am7」

Cダイアトニックコードのみを使った、スタンダードなコード進行です。

「D → G」と「E → A」のそれぞれが強進行になっているため、短いひとつのコード進行の流れの中で、二つの場面が存在するように感じられるところが特徴です。

「Em7」は、セカンダリードミナントの「E7」としても面白そうです。

2. シンプルなコード進行

(キー=E)

「G#m → F#m → E」

ダイアトニックコードのみの構成です。「IIIm(この例では「G#m」)」から始まる構成は比較的少ないもので、メロディが上手く乗せられると新鮮な雰囲気を作り出すことができます。

また、「G#m → F#m(IIIm → IIm)」とつながったり、ドミナントコードを経由せずにそのまま「E(I)」に落ち着いているところも特徴的です。

初期ビートルズの音楽で聴くことができるような響きを持っています。

3. サブドミナントからトニックへの流れ

(キー=G)

「CM7 → Bm7 → Am7,Am7onD → G 」

サブドミナントから始まりトニックに戻るコード進行です。

ベース音が「C」から順次下降することで、聴きやすいラインを作っています。

このようなコード進行を利用して、サビの頭などをトニックではなくあえてサブドミナントによって始めることで、個性的な雰囲気を演出することができます。

4. セカンダリードミナントとベースラインの上昇

(キー=C)

「C → A7onC# → Dm」

セカンダリードミナント「A7(VI7)」を利用した構成です。

転回形により、セカンダリードミナントのベース音を「C#」とすることで、「C(I)」と「Dm(IIm)」の音程を埋めるようにベースラインがつながっています。

このあたりのアレンジは、パッシングディミニッシュの用法に近い観点で扱われます。

5. サブドミナント始まり~ルート下降

(キー=D)

「GM7 → F#m7 → Em7 → DM7」

四和音を活用して、ダイアトニックコード内で「IV」から順番にルートを下げるようにコードを配置しています。

このような、平行移動に似たような構成の場合、ドミナントやサブドミナントなどの機能よりベースラインを優先することもできます。

「I(DM7)」直前にドミナントが無いことによって、落ち着いた雰囲気が生まれていることがわかります。

6. ペダルポイントによるオンコード

(キー=C)

「CM7 → Dm7onC → CM7 → Dm7onC」

スケール内1度の音をベースに保持し続ける、ペダルポイントによるオンコードの構成です。

ここでは「Dm7(IIm7)」の短七度の音「ド」を転回させて、ベース音にすることでペダルポイントの構成を作ることが出来ています。

「C」が鳴り続けるので、どっしりとした雰囲気の響きになるところが特徴です。

7. 「白い恋人達」風コード進行

(キー=G)

「CM7 → Bm7 → E7 → Am7 → D7 → G」

桑田さんの「白い恋人達」風コード進行です。

サブドミナント「CM7(IVM7)」からの展開とセブンスコードの活用によって、お洒落な雰囲気が生まれています。

「E7(VI7)」はセカンダリードミナントとしての用法で、「Am7(IIm7)」に向かうスムーズな流れを作っていることがわかります。

8. 「9th」の活用

(キー=A)

「AM7(9) → B7(9) → Bm7(9) → E7」

テンションである「9th」を活用したコード進行です。

一般的な三和音の構成に比べて、テンションが加わることで音が複雑になって、オシャレな雰囲気が生まれています。

ジャズやボサノバなどで多用されています。

9. 「IIm7onV」の活用

(キー=D)

「DM7 → G → Gm7onC → DM7」

ドミナントセブンスの代理として機能する「IIm7onV」の形を利用して、それを非機能コード的に活用した構成です。

この例での「Gm7onC」は、本来であれば「C(♭VII)」として配置されるところですが、それをさらに上記オンコードで代理しているところに面白さがあります。

「DM7(IM7)」の響きとあわせて、都会的な雰囲気を持っています。

10. セカンダリードミナントコードの活用

(キー=G)

「G → B7 → Em → G7 → C」

セカンダリードミナントコードを二つ活用したコード進行です。

「I7」(この例での「G7」)はセカンダリードミナントコードの中でも比較的利用頻度の低いコードで、サブドミナント「IV」へのつなぎとして使用することで、結びつきの強い流れを演出することができます。

「Em → G7(VIm →I7)」という構成には、耳慣れない響きがあります。

11. ロック的コード進行

(キー=D)

「F → C → B♭ → D7」

トニックをセブンスコードの「D7(I7)」とした、ロック的コード進行です。

トニック以外はすべてノンダイアトニックコードで、同主調「Dm」のダイアトニックコードから借用した「F(♭III)」「B♭(♭VI)」「C(♭VII)」を活用することで、少し影があって、かつ力強い雰囲気を生み出しています。

歯切れのいいサウンドで、豪快に演奏したい魅力があります。

12. ベースライン下降型の構成

(キー=G)

「B♭M7 → Am7 → GM7」

ノンダイアトニックコード「B♭M7(♭IIIM7)」を活用した、ベースライン下降型の構成です。

こちらの例では、ドミナントである「D(V)」関連のコードが登場しないため、トニックへ静かに落ち着く雰囲気を持っています。

また全体的に四和音を利用しながら、ノンダイアトニックコードの構成を、都会的でリッチな響きにまとめています。

13. オーギュメントの活用

(キー=E)

「E → Eaug → AM7 → C♯m7」

オーギュメントを利用して、半音上昇のラインを作ったコード進行です。

「E」の5度音「シ」を半音上昇させて「AM7」の3度音「ド♯」につなげることで、次なるコード展開の足がかりとしているところが特徴です。

最後を「Am7」として、半音変化のラインを継続させる手法もあります。

14. セカンダリードミナントとフラットファイブの併用

(キー=G)

「G → Bm7(-5),E7 → Am7」

セカンダリードミナント「E7(VI7)」と、マイナーセブンフラットファイブを利用した構成です。

いくつかあるセカンダリードミナントの中でも「VI7」はやや使いどころが難しいコードですが、それをさらにフラットファイブによってツーファイブ化しているところに面白さがあります。

最後の「Am7(IIm7)」以降は、サブドミナントマイナーや他ノンダイアトニックコードでもうひとつ展開を作るやり方も考えられます。

15. 「Vm7」の活用

(キー=D)

「D → Am7 → G → B♭」

「Am7(Vm7)」を活用した、部分転調的な雰囲気のあるコード進行です。

通常「Vm7」は「I7」へつながることがほとんどですが、ここではそれを省略してシンプルな音使いを優先させています。

ラスト「B♭(♭VI)」はノンダイアトニックコードで、ロック的な力強さを持っています。

16. フラット系ノンダイアトニックコードの活用

(キー=G)

「G → B♭ → C → E♭」

フラット系のノンダイアトニックコードを利用した、ロック的な響きを持ったコード進行です。ここでは「B♭(♭III)」と「E♭(♭VI)」がノンダイアトニックコードになっています。

「♭III」「♭VI」「♭VII」のコードは同主調のマイナーダイアトニックから借用したコードであるため、少しダークな雰囲気を持っているところが特徴です。

各コードがセブンスなどを含まず、三和音のみで鳴らされているところも効果的です。

17. ダブルドミナント「II7」の活用

(キー=C)

「C → Dm7 → D7 → G」

セカンダリードミナントの「D7(II7)」を利用した構成です。

ドミナントセブンスである「G7(V7)」への展開に際して利用できるこのコードは、ドミナントのドミナントであるため「ダブルドミナント」という呼び名で語られることもあります。

「Dm7 → D7(IIm7 → II7)」では、Dルートを保持したままマイナーがメジャーに変形する気持ち良さがあります。「C → Em7 → E7 → Am」なども同じ概念ですね。

18. セカンダリードミナントのツーファイブ化

(キー=C)

「C → Gm7,C7 → FM7」

セカンダリードミナントコードの「C7(I7)」をツーファイブ化したコード構成です。

「C7(I7)」単体として鳴らすよりも部分転調したような雰囲気が生まれるため、浮遊感を演出することができます。

雰囲気を統一する意味で最後はメジャーセブンスコードとしていますが、このあたりはお好みで。「F(IV)」とするとパキっとしたサウンドになります。

19. コード内声の変化

(キー=C)

「C → C7 → F → Fm」

シンプルな「C → F(I → IV)」に、内声の変化を加えたコード進行です。

「C7(I7)」は「F(IV)」のセカンダリードミナントであり、かつ変化していく音が「ド → シ♭ → ラ → ラ♭」と下降しているところもポイントです。

変化した内声の音(セブンスやマイナーの音を)をメロディとして上手く活用できると、聴きごたえのある構成に仕上がっていくはずです。

20. ベースラインの上昇

(キー=D)

「DonF# → G → A7 → Bm7」

一般的なダイアトニックコードの構成「I → IV → V7 → VIm」の中に、「F#」から上昇するベースラインを盛り込んでいます。

ここでのトニック「DonF#(IonIII)」は、ベース音の響きによって、トニックでありながら少し不安定な響きを持っているところが特徴です。

テンポの遅い曲などでは、この例のようにベースラインやメロディのカウンターラインに気を配ってコードを構成していくと、主旋律をより際立たせることができます。

21. ベースラインの下降

(キー=C)

「C → GonB → B♭ → A7 → Dm」

ベース音の半音下降を演出したコード進行です。ここでのポイントは三つ目の「B♭(♭VII)」と、セカンダリードミナントの「A7(VI7)」で、これら二つが独特な響きを生んでいます。

「GonB(VonVII)」は「EmonB(IIImonVII)」などとすることも可能ですが、どちらを利用する場合も、ダイアトニックコードを応用することで綺麗にまとまっていくはずです。

ベース音が綺麗につながって下降しながら展開していく構成のため、メロディは小さなフレーズを繰り返すような単調なものも検討できます。

22. セカンダリードミナント「III7」の活用

(キー=A)

「A → C#7 → D → G」

セカンダリードミナント「C#7(III7)」を活用したコード進行です。

一般的に「C#7(III7)」はドミナントモーションによって「F#m(VIm)」に結びつくことがほとんどですが、こちらの例では「D(IV)」へ進行させることで意外性をもたせています。

後半はもうひとつ変化を加える意味で「G(♭VII)」が活用されています。

23. ボサノバ風コード進行

(キー=D)

「GM7 → Gm6 → F#m7 → Fdim → Em7 → A7 → DM7」

サブドミナントから半音下降するベースラインを持った、ボサノバ風コード進行です

通常上昇型のコード構成に利用されがちなパッシングディミニッシュを、こちらでは下降する全音程のコード間に挿入しています。

ディミニッシュの代わりにセカンダリードミナントを利用するやり方もありますが、ボサノバやジャズ、R&Bなどではベースラインを重視してこのような構成が好まれます。

冒頭の「GM7 → Gm6(IVM7 → IVm6)」はサブドミナントマイナーの応用型です。

24. サブドミナントマイナーの活用

(キー=E)

「E → Am → E → Am」

ここでは本来ダイアトニックコード上「A(IV)」となるところを「Am(IVm)」として、サブドミナントマイナーコードを配置しています。

ベースの動きは「I → IV」という強進行でありながら、サブドミナントマイナーによって個性的な響きが生まれています。

単に二つのコードを繰り替えすだけでも、コード自体が特別な性質を持っていると、このように聴きごたえのある構成として成立します。

25. 「イパネマの娘」風コード進行

(キー=D)

「D → E7 → Em7 → A7」

ボサノバでよく使用されるコード進行です。通常ここに9thや13thなどが付加されて、「DM7(9) → E7(9) → Em7(9) → A7(♭13)」のような構成になることが多いです。

特筆すべきは「E7(II7)」で、セカンダリードミナントコードがそのままマイナーへの変化するところに都会的な響きを感じます。

ベース音(ここではE)を保持しながら、内声の一部のみを変化させることでコードを変えていく手法も時として効果的です。

26. パッシングディミニッシュと部分転調

(キー=F)

「F → F#dim → Gm7 → C7 → DM7」

パッシングディミニッシュと部分転調を掛け合わせたコード進行です。

二つ目の「F#dim(♭IIdim)」は「F(I)」と「Gm7(IIm7)」の中間に位置する橋渡しのコードで、パッシングディミニッシュの典型的な形です。

最後の「DM7(VIM7)」は、トニック「F」を平行調「Dm(VIm)」で代理しつつ、さらにその同主調「D」に部分転調させる、という解釈となっています。

この「平行調 → 同主調(またはその逆)」のアイディアは、転調のきっかけとして思いのほかいろいろな曲で利用されています。

27. トニックを使用しない構成

(キー=C)

「FM7 → G7 → Em7 → Am7 → Dm7 → FM7 → G7」

ダイアトニックコードを主体としながら、トニック「C(I)」をあえて使用しない構成となっています。

「C(I)」を排除することで、長い間浮遊しているような雰囲気が生まれていて、耳なじみのあるコードを使いつつも、アイディアによって個性を出している例であるといえます。

「I」と「V」の配置によって、コード進行の波をこのように操作することができます。

28. 「Sing」風コード進行

(キー=E)

「D → Em7onD → D → ConD」

カーペンターズ「Sing」風のコード進行です。保持されたベース音の「D」が安定感を生んでいます。

「Em7」のセブンスの音は「D」であるため二つ目のコードは転回形で、最後の「ConD」は「♭VII」の派生形であると解釈しました。

ペダルポイントを活用したこのようなコード進行は安定感とテンション的な緊張感を共存させることができるため、曲調によっては重宝するはずです。

29. マイナー1度のクリシェ構成

(キー=Dm)

「Dm → Dm7onC → Dm6onB → B♭M7」

マイナーの1度音を下降させるクリシェの構成です。

ポイントとなっているのは1度をベース音に転回させているところと、本来であれば半音ずつ下降させていくところを「DmM7」を省略して4つのコードで一気に「B♭M7」につなげているところです。

クリシェから他のコードへの展開は案外多く見られるもので、ベース音に着目して構築していくことでコードをすっきりとつなげていくことができます。

30. マイナーで都会的なコード進行

(キー=Gm)

「Gm7 → E♭M7 → Cm7 → Cm7onF」

マイナーコードを主体とした、都会的な雰囲気のあるコード進行です。

序盤の「Gm7 → E♭M7」は、トニックとしての「Gm7」を次の「E♭M7」で代理している形となっていますが、構成音の微妙な変化が心地よく感じられます。

また、その後の「Cm7」「Cm7onF」も「E♭M7」からの連想とも解釈できて、全体が統一感のあるコードでまとめられています。

31. フラットファイブ活用の典型的構成

(キー=A)

「C#m7(-5) → F#7 → Bm7 → E7」

「IIIm7」をフラットファイブの形にした、強進行的コード構成です。

ベース音の動きがすべて強進行で繋がっているため響きに無理がなく、かつセカンダリードミナントコードによってマイナー調の雰囲気も生まれています。

このコード進行をループさせて、「I(A)」を使用しない構成として作り込むこともできます。

32. 「Rock’n Rouge」Aメロ風コード進行

(キー=C)

「C → B♭ → F → A♭,B♭」

松田聖子さん「Rock’n Rouge」Aメロ風コード進行です。

フラット系のノンダイアトニックコードを使いながら、和音が平行移動していくような力強さを持っています。

ドミナントが入らずにコードが進んでいくため、ロック的な雰囲気が生まれています。

33. 「Wave」のイントロリフ風

(キー=Dm)

「Dm7 → GonD → Dm7 → GonD」

ボサノバの有名曲「Wave」のイントロリフ風コード進行です。

ポイントとなっているのは保持されているベース音「D」で、ギターの開放弦を利用して演奏すると二つのコードの切り替わりが気持ち良く感じられます。

「Wave」ではこのあとキーが同主調メジャーに転調されて、いかにもブラジル音楽らしい緻密なコード進行で展開していきます。

34. シンプルなフラット系ノンダイアトニックコード構成

(キー=E)

「E → G → C → D」

フラット系ノンダイアトニックコードを使った構成です。

トニック以外はすべてノンダイアトニックコードとなりますが、キー「E」の調性圏内でしっかりとコード進行が機能しているところに面白さを感じます。

三和音の響きは力強く、またブルージーでロック的な雰囲気を持っています。

35. AOR風コード進行

(キー=E)

「EM7(9) → DM7(9)onE」

テンションコードでまとめられたAORっぽさのあるコード構成です。

ナインスやメジャーセブンスの響きはもちろんのこと、キープされているベース音「E」がオシャレな雰囲気と安定感を生み出しています。

2コードのみの構成のため、コード進行をループさせてつなげていくこともできます。

36. 「インマイライフ」風のコード進行

(キー=A)

「F#m → G → D → A」

ビートルズ「インマイライフ」風のコード構成で、平行調のマイナーがロック的な雰囲気によってまとめられています。

ポイントとなっているのは「♭VII(G)」で、通常「D」のセカンダリードミナント「A7」を当てはめたくなってしまうところですが、このあたりのひねりに作曲者のセンスを感じます。

サブドミナントからそのままトニックに終止しているところも個性的です。

37. 「グラスオニオン」風のコード進行

(キー=Am)

「Am → F7 → Am → F7」

ビートルズ「グラスオニオン」風のコード進行です。

「Im(Am)」から「♭VI(F)」への展開は頻繁に見かけますが、ここでは「♭VI7(F7)」となっているところがポイントで、これによりブルージーで不穏な響きが生まれています。

ギターの歯切れのいいストロークが似合います。

38. 「ワンノートサンバ」風のコード進行

(キー=E)

「G#m7 → G7 → F#m7 → F7」

ボサノバのスタンダード「ワンノートサンバ」風のコード進行です。

冒頭「G#m7(IIIm7)」から始まるところが興味深く、またその後の半音下降もいかにもボサノバ的な構成となっています。

実際の音源ではこの構成に加えて、ワンノートサンバの核となるスケール上の5度の音がずっと保持された状態となり、テンションを含む複雑な響きとなります。

39. サブドミナントから始まる感動的構成

(キー=D)

「GM7 → A7 → F#m7 → Bm7」

サブドミナントからダイアトニックコード内で展開するコード進行です。

ドミナントセブンスを提示しておきながらトニックへの終止を回避する流れになっていて、もったいぶったような響きから感動を呼ぶ構成としてもよく利用されています。

このあたりを丁寧に作り込むと、ダイアトニックコードだけでも十分に聴き応えのある作品として仕上げていくことができるはずです。

40. サブドミナントの代理マイナー

(キー=A)

「Bm7 → C#7 → F#m7」

サブドミナントの代理マイナーから偽終止につながるスマートな構成です。

二つめのコードは通常「C#m7(IIIm7)」となるところをセカンダリードミナントとして「C#7(III7)」としていますが、次に来るマイナーコードの切なさが際立ってしまうのでこのあたりは曲調に応じて対応したいところです。

トニックの出ないコードとしてこういった展開を盛り込んでいくと、リスナーを裏切るような効果が生まれます。

まとめ

おすすめのコード進行を40パターンご紹介してみました。

私の個人的な趣味も若干入っていますが、いくつか使えそうなものもあったかと思います。

作曲やセッションなどで、是非お気軽に活用してみて下さい。

これらを元に、コード進行を変形させて活用するというのも面白いかもしれません。