オンラインレッスンやっています

楽器が弾けない人にお勧めの作曲のやり方 ※「GarageBand」編

楽器が弾けない人でも作曲ができる

アプリを疑似的な楽器にする

私が主に推奨している作曲のやり方は、「楽器で和音(コード)を弾いて、その響きをもとにメロディを歌う」という方法です。

ギターやピアノでコードを鳴らし、歌いながらメロディを考えます。

コードを音として即座に聴くことが出来てコードの展開を合理的に検討していくことができる、というところがこの方法の利点です。

でもこれだと「楽器が弾けない人は作曲が出来ない」ということになってしまいます。

そんな時に、ひとつの解決策となる方法があります。

楽器が弾けない人の「楽器で作曲する」を実現する方法…、それは「GarageBand」というアプリを使うやり方です。

スマートギター・スマートピアノの活用

「GarageBand」はiPhoneやiPadにて無料で利用できる音楽系アプリです。

このアプリに「スマートギター」「スマートピアノ」という機能があり、これを使うことでコードを疑似的に演奏することが出来ます。


この画像は「スマートギター」のものですが、ここにある「C」や「Am」などがコードを指していて、この表記の部分をタップすることでコードが音として鳴ります

ギターの弦を実際に鳴らすように、画面をなぞるような感覚ですね。

(↑画面をなぞっています)

ここには、作曲の基本となる「キー=C」のダイアトニックコード「C、Dm、Em、F、G、Am」が全て配置されています。

これにより、実際にそれぞれのコードを音として鳴らしながら、コードの展開を検討することができます。

例えば、一番初めに「C」の響きをもとにメロディを考えていたとして、「じゃあ二つ目のコードは『Dm』」にしてみよう」とか「『F』にしてみよう」というような検討ができる、ということです。

これは冒頭で述べた「楽器を使うやり方」とほぼ同じです。

「GarageBand」を使う時のデメリット

コードの数が少ない

まずネックとなるのが「ここに表示されているコードしか鳴らすことができない」という点です。

反面で、初心者の時点では使いこなせるコードも限られるため、まずはこれだけあれば十分です。

これらのコードを使って作曲に慣れることを目的としましょう。

iPhoneのボイスメモが使えない

「楽器を使うやり方」では、思いついたメロディやコードを忘れないようにするため、スマホのボイスメモなどに録音することで記録していきます。

上記の「GarageBand」を使う方法の場合、例えばiPhone版の「GarageBand」を使う場合には、それと並行してiPhone上で「ボイスメモ」の録音も行うことになります。

いわゆる「GarageBand」のバックグラウンドで「ボイスメモ」の録音を続行させる、ということを意味しますが、iPhoneにプリインストールされている「ボイスメモ」ではこのやり方ができませんでした

この点については、バックグラウンド録音ができるボイスメモアプリを探すか、スマホを使わない録音を別途検討する必要があります。

iPhoneやiPadを持っていないと「GarageBand」が使えない

これが一番のネックですが、「GarageBand」はiOSアプリであるため、Androidユーザーや、そもそもスマホを持っていない人、iPadを持っていない人はこのやり方を導入できません。

この点については…、あきらめるしかないですね(笑)

もしかしたらAndroidアプリで、この「スマートギター」や「スマートピアノ」のような機能を持ったものがあるかもしれないので探してみます。

まとめ

楽器が弾けない人の「楽器で作曲する」を実現するやり方をご紹介しました。

今回はiOSアプリを使った方法となってしまいましたが、iPhoneやiPadをお持ちのかたは是非試してみて下さい。

「スマートギター」で弾き語りも楽しめます