作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

作曲ガイドブック(7)コード進行の重力

time 2017/05/04

sponsored link

安定と不安定

ダイアトニックコードの中でも一番目(I、キーCでいうC)のコードはすべての始まりであり、また終わりでもあり、コード展開の軸となり、響きに安定感があります。

どんな場面でも「I」のコードが鳴ると落ち着いた雰囲気が生まれるため、「I」はコード進行の持つ重力の出発点または着地点と捉えることができて、コード進行は「I」を中心として展開されていきます。

また、それとは反対に、ダイアトニックコードの中の五番目のコード(V、キーCでいうG)には不安定な響きがあり、リスナーに「落ち着かない」という印象を与えます。

コード進行が展開して着地することを考えると、落ち着きがない「V」のコードはコード進行の終着点として適していませんし、展開の始まりのコードとしてもあまり適していないと言えるでしょう。

「V」の響きは不安定なため、落ち着きがない雰囲気を感じさせるのと同時に「落ち着きたい」という欲求をリスナーに呼び起こさせる効果もあって、安定した雰囲気=「I」の響きを連想させます。

「不安定」→「安定」というつながりを考慮すると、「V」のあとに「I」をつなげる「V → I」という構成はコードの重力を上手く操れていて、リスナーに伝わりやすく、秩序のある構成であるといえます。

コード進行の例

「I → V → I」(C → G → C)

コード進行の重力を語るとき、その出発点・着地点となる「I」と、その反対に不安定な雰囲気を持つ「V」、さらにはそれらをつなぎ合わせた「V → I」という構成を理解しているかが鍵となります。基本的なコード進行では、「I」から始まったコード進行はいろいろな展開を経て、その終着点の部分では「V」を経由して「I」に落ち着きます。

前述の「I → V → I」は、世の中にいくつもある多様なコード進行を最も簡潔に表したものであり、コード進行の原点です。ストーリーのあるコード進行を作る場合、そのほとんどは、この「I → V → I」を伸ばしたり、複雑にしたり、またあえて避けたり、など、さまざまにアレンジしたものであるといえます。

次の記事 → 「作曲ガイドブック(8)基本的なコード進行~その1~」

「作曲ガイドブック」記事一覧を見る



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索