作曲教室 > 詳しくはこちら

作曲ガイドブック(9)基本的なコード進行~その2~

代理コードとコード置き換えの例

ダイアトニックコード内にはスリーコード以外に残り四つのコードが存在していますが、それらも「安定」「不安定」「一時不安」のどれかに分類することができます。

※コード機能を表す際には「安定=T(トニック)」「不安定=D(ドミナント)」「一時不安=SD(サブドミナント)」という表記が用いられます。

それぞれのコードの機能は下記のとおりです。

  • IIm = 一時不安(SD)
  • IIIm = 安定または不安定(TまたはD)
  • VIm = 安定(T)
  • VIIm-5 = 不安定(D)
  • ※IIImは構成によりTまたはDの機能を持ちます。

上記より、スリーコードの中の「IV」と「IIm」はそれぞれ同じ「一時不安(SD)」の機能を持っていることがわかりますが、このような場合、それぞれのコードは互いに置き換えて使用することができます。

スリーコードをもとにした構成を、ダイアトニックコード内の他四つのコードを使いながら発展させた例が下記です。

スリーコード置き換えの例(1)

コード進行中二番目の「IV」を「IIm」に置き換える

こちらの例では「IV」を、同じく「一時不安」の機能を持つ「IIm」に置き換えています。機能的な骨組み(T → SD → D → T)は保持されたまま、コード進行だけが変更されていることがわかります。

もともとの構成と比べると、マイナーコードによって響きが多彩になった印象を受けます。

スリーコード置き換えの例(2)

コード進行中最初の「I」を「VIm」に置き換える

こちらでは「I」と同じ「安定」の機能を持つ「VIm」が活用されていますが、機能を保持したまま冒頭のコードをマイナーに置き換えることで、印象が大きく変わっています。

これらの例のように、コードの置き換えによってスリーコードのみの構成はいろいろな形へと発展させていくことができます。置き換えができる四つのコードは、その性質から「代理コード」と呼ばれることがあります。

コードを次なるものへ展開させていくときは、まず「現在のキーを認識したうえでそのダイアトニックコードを活用すること」、そして、それぞれのコードが持つ機能を考慮しながら、「機能的なコードの流れを考慮しながらコードを置き換えること」を意識すると、全体を綺麗にまとめていくことができます。

次の記事 → 「作曲ガイドブック(10)基本的なコード進行~その2~」

「作曲ガイドブック」記事一覧を見る