作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

作曲ガイドブック(10)曲を発展させる~その1~

time 2017/05/26

冒頭で述べたように、作曲とは「楽曲を作る」ということであり、その楽曲には長さが必要です。ひとつのコードを拠り所として思い浮かべられたメロディは、さまざまに形を変えながら、伴奏であるコードと共に延びてつながっていくことが求められます。

それでは、メロディを「楽曲」にしていくにあたり、全体をどれだけの長さにする必要があるのでしょうか。また、そもそも「楽曲」とはどのような構成を持っているべきなのでしょうか。

一般的に、ロック・ポップスの楽曲はクラシック音楽のような壮大な構成を持っていません。みんなが手軽に聴けて、手軽に歌えることが条件となるため、曲は3~5分程度の長さにまとまっている必要があって、それとあわせ曲構成そのものにも、わかりやすさへの配慮がなされているべきです。

sponsored link

曲形式

楽曲には形式という概念があり、形式は曲構成の骨組みとなります。形式のある曲からはストーリーが感じられて、それがリスナーへわかりやすさと感動を提供します。

形式とは、すなわち曲の構造のことで、延びて展開したメロディやコードがどのようなまとまりでどのように配置されているかを定義するものです。

以下は、ロック・ポップスでの代表的な形式です。

A-B型

曲展開の中で、主に「A」と「B」という二つの大きなまとまりがある形式です。一般的には「陰と陽」「静と動」のように、AブロックとBブロックをそれぞれ違った性質のものにしていく手法や、どちらかをより印象付けたいブロック(サビ)として提示する手法がとられます。

前者ではA・Bそれぞれは互いに引き立てあうように存在していることが多く、その性質も様々です。

後者の場合には、「サビとなるブロック」と「そうではないブロック」、というような対比をつけることが求められ、サビとなるブロックは動きが多かったり音使いが特徴的であったりするなどして印象に残りやすいものとして、またサビではないブロックは静かであったり凡庸であったりするなど、サビよりも目立たないような性質のものとして作り込んでいく必要があります。

A-B-C型

曲の中に三つのまとまりが存在している形式で、一般的には導入部である「A」、中間に位置して橋渡しの役割をする「B」、サビとして機能する「C」という構成を取ることが多く、AブロックからCブロックに向けてだんだんと盛り上がっていく展開をよく見かけます。

この形式ではAブロックは導入部であるがゆえに静かで動きの少ない性質になることが多く、またBブロックは中間に位置するため比較的自由なアプローチが許されます。またサビには、「A-B型」の際と同じく印象付けるための配慮が必須となります。

「A-B型」と比べて展開が長いため、各ブロックの長さに気を配って、リスナーを飽きさせないように構成させていくべきで、とりわけ導入部であるAブロックには「続きを聴いてみたい」と思わせるような特徴的なポイントを設けたり、Bブロックではサビを期待させる準備部分があるとなお理想的です。

どちらの形式の際も、各ブロックをそれぞれ一度ずつ提示するだけでは曲のストーリーとして不十分で、それぞれは1コーラス目、2コーラス目、というように何度か繰り返されていきます。

また、ほとんどの場合、各ブロックを始めたり、つないだり締めくくったりするにあたって前奏や間奏、後奏がつけられて、それをもって一曲としてまとめられていきます。

一曲の構成例(A-B-C型)

「前奏-A-B-C-A-B-C-間奏-C-後奏」

曲全体を3~5分にまとめ上げていくことを考えると、各ブロックは長くても15秒から30秒程度となり、曲の中に配置できるブロックの要素にも限りがあることがわかります。(つづく)

次の記事 → 「作曲ガイドブック(11)曲を発展させる~その2~」

「作曲ガイドブック」記事一覧を見る



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索