作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

作曲ガイドブック(13)作曲の手順~ここまでのまとめ~

time 2017/06/16

ここまでの説明をまとめた、作曲手順の概要は下記のとおりです。

sponsored link

作曲手順の概要

1. 楽器を使って、あるひとつのコードを鳴らす

  • コードは「C」「D」「E」「F」「G」「A」から選択する
  • 四拍子のリズムをつけてコードを鳴らすことで伴奏として捉えやすい

2. コードの響きを拠り所としてメロディを口ずさむ

  • 伴奏から連想して自然なメロディを歌うよう心掛ける
  • メロディが思いつかない場合は、コードの構成音をモチーフとして、それをいろいろな手法で繰り返して発展させるようにつなげてメロディにしていく
  • 伴奏となるコードの始まりに対して、その歌い始めを「同時」にとするか、「前」「後」とするかを意識する
  • メロディで使う音符の長さを意識する

3. メロディを延ばしながら、コードを別のものに変えていく

  • 一番目のコードからキーを割り出し、そのキーのダイアトニックコードの中から次なるコードを選択する
  • ダイアトニックコードを使ってコードをつなげる際には「安定」「不安」「一時不安」の三つの機能を意識する
  • 「I」「V」「IV」のスリーコードの構成をもとに、その他の四つのマイナーコードでの代理も検討する

4. メロディとコードを互いに延ばしてブロックにまとめていく

  • 曲形式を意識して、どんなブロックにしていくかを考えながらメロディとコードを発展させる
  • 繰り返しを取り入れながら、構成に規則性が生まれるよう組み立てていく

(つづく)

「作曲ガイドブック」記事一覧を見る



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索