コード進行構築において、「キー」と「ダイアトニックコード」の概念は欠かせないものです。ポピュラー音楽の作曲においては、自分が現在どんなキーを使っていて、そのキーのダイアトニックコードの中で、どんな機能をもとにどうコードをつなげているか、ということを把握しながら、コード進行は検討されていくべきです。

反面で、ダイアトニックコードの中にはコードが七つしか存在しないため、その手法にもある程度の制限があります。幅広い曲調によってコード進行のさまざまなストーリーを提示していくとなると、ダイアトニックコードだけを使った構成では不十分で、その状態をいかに抜け出て、ダイアトニックコード以外のコードをどのように使っていくか、という観点での作業が鍵となります。

そして、ダイアトニックコードに無いコード「ノンダイアトニックコード」は原則として理論的な解釈をもとに使用されるべきで、それにより、リスナーはそれらの響きを違和感なく聴き入れることができるようになります。

セカンダリードミナントコード

ノンダイアトニックコードの中でも、特に頻繁に使用されるものとして「セカンダリードミナントコード」というコードが存在します。

前述したように、ダイアトニックコード内での「V → I」の構成は「不安定 → 安定」を演出するコードの動きとして特に重要で、中でも「V」を「V7」(ドミナントセブンス)とした「V7 → I」というコードの流れは、ドミナントセブンスコード(V7)がトニック(I)に解決する働きを指して、「ドミナントモーション」と呼ばれています。

ドミナントセブンス(V7)の不安定な響きをまず初めに提示することで、解決先となるトニック(I)を連想させ、そこからそのとおりにコードを進めることでリスナーに安心感を与える働きを持っていて、ドミナントモーションを語るとき、「V7」と「I」はセットで扱われます。

セカンダリードミナントコードは、このドミナントモーションの概念を利用したもので、通常のドミナントモーションがダイアトニックコードの「V7」から「I」に向けて行われるのに対し、セカンダリードミナントコードではダイアトニックコード内にある「I」以外のコードを「仮のI」と見立てて、それらのコードに対してドミナントモーションを形作っていきます。

下記は、セカンダリードミナントコードを割り出すための手順例です。

キーC:ダイアトニックコード内のDmに対するセカンダリードミナントコードを割り出す
  1. 対象となるコード(Dm)を「仮のI」とする。この際、「仮のI」がマイナーコードだった場合にはマイナーを除外したメジャーコードとして捉える。(この例の場合では「Dm」を「D」として捉える)
  2. 「仮のI」をもとにしたダイアトニックコードを割り出す。「仮のI(D)」のダイアトニックコード=「D, Em7, F#m7, G, A, Bm, C#m-5」
  3. 割り出したダイアトニックコード内にある「V7」が「仮のV7」となり、それが対象となるコードのセカンダリードミナントコードとして割り出される。(「仮のV7」=「A7」)


セカンダリードミナントコードの使用場所

セカンダリードミナントコードは、ダイアトニックコード内の他のコードと同じようにコード進行の中で自由に使用することができます。またその際、一般的には「仮のI(この例で言うDm)」のコードとセットで扱われます。

ドミナントモーションが「V7」と「I」をセットにして「V7 → I」という形で扱われるのと同じように、ダイアトニックコードの構成の中で、セカンダリードミナントコードと「仮のI」をつなげて使用することで、結びつきの強い響きを演出することができます。

上記セカンダリードミナントコード「A7」の使用例

「C → A7 → Dm → G7 → C」

セカンダリードミナントコード「A7」の直後に「仮のI」である「Dm」が配置され「A7 → Dm」という構成が作られています。

次の記事 → 「作曲ガイドブック(15)ノンダイアトニックコード~その2~」

「作曲ガイドブック」記事一覧を見る


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室