オンラインレッスンやっています

「なぜ作曲が出来るようにならないのか?」を考える

「作曲」という作業の難しさを感じる

「作曲をやりたいけれど、なかなか出来るようにならない」という悩みを持っている人は案外多く存在します。

ギターやピアノなどの楽器を弾けるようになった方や歌が大好きな方が、次なるステップとして作曲に取り組む、というのがよくあるパターンで、いちプレーヤーとして取り組むそれらと「作曲」という作業はまったく別ものであるため、そこに戸惑ってしまう方がそのほとんどです。

また、現在ではDTMが一般化したことで「楽器は弾けないけど曲は作ってみたい」という思いから作曲に取り組む方も多くいますが、こちらも同じような理由から作曲が出来ない状態に陥ります。

では、そんな「作曲をやりたいけれどできない」というみなさんが、どのようにすれば作曲をこなせるようになるのか、というと、その答えは「作曲をすればいい」ということに尽きます。

やれば上手くなる


一見これは答えになっていないようですが、その理由はこうです。

作曲に興味を持つ多くの人は、まず見よう見まねでメロディを思い浮かべたり、知っているコードを繋げたりして試しに曲を作ってみようとします。

作曲初心者であるため、出来上がるものはちょっとしたメロディのつながりや小さなコードのつながりなど、とてもシンプルなものになることが多く、その出来栄えも「これでいいのかな?」というレベルであることがほとんどです。

ここで「作曲が出来るようになる人」は、そこからさらに何度も作業を繰り返すことで、次第に立派な一曲を作り上げていけるようになります。

反面で、「作曲が出来ない人」は、その超初期の状態で作曲をやめてしまうのです。

そこで自分で考えたり、ネットや書籍で学習したり、または誰かに教わったりして「もう一度作曲をする」「一曲を作り上げる」というところにつなげていけば上達するのですが、それをしないことで停滞してしまいます。

いかにして「やめてしまう」を回避するか

もちろん、この「作曲をやめてしまう」という選択には原因があって、「思っていたほどうまく行かなくて作曲に面白みが感じられない」という理由がそのほとんどです。

なんとなくやってみようかな、という気持ちで始めた作曲が思いのほか大変で、苦労の方が大きくなってしまっている状態です。

それでも、オリジナル曲を作って発表している人に対する憧れは消えず、やってみたいという思いはまた募るのですが、やはり作業が進まない、という流れを繰り返します。

これが冒頭で述べた「作曲をやりたいけれど、なかなか出来るようにならない」という状態です。

それでは、その状態を打開するにはどのようにすればいいのでしょうか?

打開策は大きく分けて二つあり、ひとつは「自分に厳しくしすぎないこと」、そして「少しずつステップアップすること」です。

次の記事「作曲初心者向け |作曲レベルアップのために必要なステップとは?」