オンラインレッスンやっています

作曲に挫折しないための心構え

多くのひとが直面する事実

「つまらない曲」

作曲超初心者の段階で、多くの人は「自分に曲を作る力がない」という事実に直面します。

「オリジナル曲を作る」というクリエイティブな行為に憧れて始めた作曲なのに、いざやってみると思いのほかうまくいかないもの。

なかなかメロディやコードがつながっていかなかったり、なんとか作り上げることができたとしても、作品は思い描いていたものとは違ってすごくありきたりなものになってしまうはずです。

あえて悪い言い方をすれば「つまらない曲」というような作品の仕上がりでしょうか。

挫折を回避するためには?

作曲に取り組む誰もが良いメロディ、良いコード進行を使った名曲を作り上げて「これが自分のオリジナル曲だ!」と胸を張りたいものです。

でも初心者の時点ではそう簡単にいかず、多くの人はそこで作曲に対する熱意を失ってしまい作曲に挫折してしまいます

これは作曲を教えている立場からすると、とても寂しいことです。

では、主に作曲超初心者の段階におけるこの状態を乗り越えるにはどのようにすればいいのでしょうか?

「自分に厳しくしすぎない」という心構え


これに対して最も効果的なのが「自分に厳しくしすぎない」という心構えを持つことです。

これは「曲を作り上げることが出来た自分に誇りを持つ」とも言い換えることが出来ます。

あなたはその作曲を通して、ゼロからメロディを生み出し、ゼロからコードをつなげ、曲展開を考えることができました。

これって、実はとてもすごいことなのです。

以前の「作曲をやったことがない状態」を抜け出て「曲を作れる状態」にステップアップできたということを意味します。

昔のあなたと同じようにオリジナル曲に対して憧れを持つ人からすれば、それはとても素晴らしいことです。

作品の質はさておき、まずはそのことを噛みしめて、自分を誉めてあげてみてください。

また、これとあわせて「やればその分だけ上達する」という意識も大切です。

上達のステップも楽しい

やればやるほど上手くなる

何ごとにおいてもそうですが、作曲も繰り返し続ける程に上達します

それは、一曲目に作った作品よりも二曲目に作った作品の方が何らかの点において優れているということを指します。

二曲目から三曲目、三曲目から四曲目もそうです。

そして、既に曲を作った経験を持っている人は、以前に比べて簡単に作曲に取り組めるようになっています。

そう考えると、「じゃあ次の曲に取り組んでみようかな」という気になってきませんか?

「自分に厳しくしすぎない」「やればその分だけ上達する」という考え方は、段階的にステップを踏みながら、挫折を回避して徐々に作曲を上達させていくことにつながります。

成長の過程も楽しい

世の中にいる多くのアーティストも、きっと初心者の頃はどこにでもあるようなありきたりな曲を作っていたはずです。

そこから段々と回数を重ねることで作曲のコツをつかみ、自分の目指すイメージを曲にできる力を身に付けていったのです。

「作曲」という行為そのものをクリエイティブで誇らしいものだと捉えることができれば、その成長のステップも楽しいものに感じられるはずです。

ひとりでギターを抱えてメロディをひねり出す行為は時に孤独ですが、上記のような前向きな気持ちを持ちながら、焦らずゆっくり上達することを目指していただきたいです。

また、曲作りとあわせて音楽理論を習得したり、既存の曲分析を行うことも大切です。

新しい知識を覚えるとモチベーションも上がるものです。そんな時には、是非こちらのサイトを活用してみてください!