「どうせたいしたことはできない」という自分に対する無能感は、制作に対するやる気を半減させます。作曲もアレンジも作詞も含め、「どうせ…」という気持ちを持った瞬間にすごくくだらないことに思えてしまうものです。

こんな時は、「たいしたことの『ある』作品」を作ろう、と気持ちを切り替えてみてください。自分はこれから、そこら辺に転がってるようなありふれた曲を作るのではなくて、みんなが驚くような、みんなが感動して何回も聴きたくなるような、自分にしか作れない名曲を作るんだ、と考えて制作に取り組んでみてください。

曲を作る行為を「たいしたことじゃない」と考えてしまうのは、単にそういう曲を作ろうとしているからであって、「たいしたことのある曲」を作ろうとすることで自分の行為に誇りが持てるようになるはずです。

みんなをあっといわせてやる、というような意気込みを持って作曲に取り組めば、作業がすごく楽しくやりがいのあるものに感じられるはず。

制作とはそうあるべきです。


作曲教室もやっています