曲を作っていると「これはやっていいのだろうか」とか「これで正しいのだろうか」という疑問を持つことが何度もあると思いますが、ロック・ポップスの作曲において正解はないのでどれも正しい。

やってはいけないことなんて存在しないし、なんでもやっていいし、要はそれを聴いてリスナーがどう感じるかだと思います。

ただ、なんとなくフィーリングでいい加減に作ってしまうやり方とそれを混同してしまうのは違う。作曲者としての意図とかこだわりがないとそれは手抜きに聴こえてしまいます。そこが難しいんですが…やっぱり最終的には経験かな~。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室