ネット作曲教室はこちら

なぜか納得

ここ最近陽水さんを改めて聴いてて思うのがこの人の歌詞の力で、音楽的にも素晴らしいのに歌詞にも独自の世界観があって妙に納得させられてしまうというのは本当にすごい。

例えばPUFFYの「アジアの純真」の歌詞を、これがまったく無名の人が書いたものなら変な歌詞だなあで終わってしまうところ、陽水さんだとなんかこれはこれで意味深いのかもと思えてしまう。

本人にそこまで深い意図はなさそうだけど、これってポピュラー音楽の作品としてそれでもう成立してるというか、要はいかに納得させるか、というのがポップスのゴールなのかなと考えさせられました。

アジアの純真 (J-Lyric.net)