まさに水の戯れ

ここ最近お気に入りのYouTube「ピティナ・ピアノチャンネル」で知った、ラヴェルの「水の戯れ」をここでひとつ。

ラヴェル/水の戯れ
(YouTube)

美しいです。水の動きや波紋がそこに見えるかのように、優しいピアノの音色で見事にそれを表現しています。

1901年の作曲らしいですが、現代のアンビエントやエレクトロニカにも通じるものがあると思いました。ラヴェル…、やっぱりやるな。