オンラインレッスンやっています

コードを付けるときの思考

作曲でコードを付けるとき、ルート音の動きを意識すると響きが綺麗につながっていきます。

たとえば「C→F」のような強進行の形や、「C→Dm」「Dm→C」のように順次上昇/順次下降の形があると、コード同士がスムーズにつながっていくため伴奏にまとまりがうまれます。

全部のコードをこの形でつなげていくと逆にワンパターンになってしまいますが、リハモをするなどして曲の中で意識的にこういう配慮ができると、作品がキッチリしたものになって聴きやすい曲に仕上がっていくはずです。