ギターマガジンの最新のWebページでは「同じフレーズを、違うギターで弾く」という企画が記事になっています。

レスポールとストラトのサウンドの違いが音源と共にアップされていますが、確かにそれぞれの楽器の個性がすぐにわかりますね。ピックアップと木材とその他もろもろのサウンドへの影響が感じられます。

こういう企画っていまのこのネット時代ならではだし、ギターキッズの目線に立った良い取り組みだと思います。音作りやアレンジの参考にもなりますね。

ギターを変えると同じフレーズでも印象に変化が生まれる
(RandoM)


作曲教室もやっています