ビリー・プレストン

ビートルズに関わった期間は短いものの、意外とよく引き合いに出されるミュージシャン。

「ゲットバック」や「ロングアンドワインディングロード」などでそのサウンドを堪能できます。

黒人ならではのノリが良いエッセンスになっています。