オンラインレッスンやっています

ヘッドホンを変えると…

タワーレコードとソニーの広告で「ヘッドホンを変えると音楽が楽しい」という言葉をこのごろよく目にしますが、その広告的な働きかけはさておき、自分の経験から、作曲をやるひとはイヤホン・ヘッドホン・スピーカーは極力良いものを選んだほうがいいです。

私の場合は「音楽が楽しい」というより「音楽がよくわかる」という効果が大きかったですが、作曲を真剣にやるようになったその昔に同じような助言を受け、質のいい良いイヤホンを導入したことで確かにそれを体感しました。

ある程度いい音で音楽を聴くとその本質がわかるというか、コード感やアレンジやサウンドの細かい気遣いに気付けるというか。いわゆる「耳が肥える」という状態ですね。

良い音楽を作りたかったら良い音で音楽を聴くべし。これは真理だと思います。