ポールはいつまでもどこまでもパワフルです

(画像元:http://nme-jp.com/news/16694/)

ポールが、ビートルズ楽曲のアメリカでの所有権を取り戻す動きを始めていると報じられています。そもそもこの所有権をマイケルが持っていたこともすごいですが、アメリカの著作権法とかもろもろの決まりがややこしくて、申請できる時期とかそういうものも決まっているらしいです。

所有権申し立てをしているの楽曲のほとんどが「アビーロード」に収録されているということ、あとそのうち何曲かは実際にはジョンが作詞作曲したものだけどビートルズの楽曲クレジットはあくまで「レノン・マッカートニー」である、という観点での所有権申請らしいので、なんとなくあの辺の曲かなという想像がつきます。

日本でも、JASRACがいたり、あとは音楽出版社とかレコード会社とか、そもそも所有権と著作権という区別も分かりづらい。ビートルズは若くしてアップルを作って、同じようなことを昔からやってる印象を受けますがお国柄ですかね。

ポールはすでに次なるツアーも発表しているらしいので、またそろそろニューアルバムとかそういう創作のほうのニュースも期待できそう。現在73歳、とにかくパワフルです。

ポール・マッカートニー、ビートルズの楽曲所有権を奪還する手続きに着手したことが明らかに
(NME JAPAN)