作曲系の理論書などでたまに見かける「メロディを無理やり動かすべからず」というお言葉…

確かに、曲作りで変に個性を出そうとしてメロディを不自然に捻じまげると、逆に聴きづらい曲が出来上がってしまいます。

そういう意味で「ユーモアのある曲」と「違和感のある曲」の違うを痛感している今日この頃。


作曲教室もやっています