(キー=D)
「D→D/C→G/B→B♭」

分数コードを利用したルート下降の構成。

ここでは「D/C」に都会的でオシャレな響きがあります。テンションコードもいいですが、分数的に鳴らすとまた違った雰囲気が生まれます。

「B♭」のあとは「A7」まで下降してドミナントにつなげても良いですね。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室