作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

手をとりあって

time 2011/04/01

クイーンの楽曲に日本語で歌われている曲があるのをご存知ですか?

タイトルは「手をとりあって」、アルバムで言うと「華麗なるレース」に収録されていますが、その曲のサビではフレディが日本語で「手をとりあって…」と歌っています。

TEO TORRIATTE(YouTube)

先日ここでも取り上げた洋楽のチャティーアルバム『SONGS FOR JAPAN』の影響でまた改めて注目されてきている、とのこと。

確かに、未だ復旧が進んでいない被災地のことを思うと、この「手をとりあって」というメッセージは今の日本にぴったり、私もまた聴き直してみようと思います。

クイーン「手をとりあって」が、いま再び注目を(BarksNews)



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索