作曲には、コード進行や曲構成など「技術でカバーできる部分」と、メロディ自体の質など「技術でカバーしにくい部分」(作曲者のセンスに左右される部分)がある、と私は思っています。

「技術でカバーできる部分は当然のようにすべて配慮しましょう」というのが自分流のやり方で、そういう気遣いは曲作りの上での最低限の行為でもあります。

良い曲を作るためには、そういった「技術の習得」以上に「センスを磨く努力」が必要で、それそこが作曲の難しいところなんだと最近改めて感じました。

良い曲を沢山聴いたり、また音楽以外にも色々なことを経験して、作曲の勉強と合わせて感受性も高めていけたら理想的です。


作曲教室もやっています