作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

理論で楽器を楽しむ

time 2016/01/16

昨日仲間と話していて、ダイアトニックコードとか、キーのスケールとかそういったものはすべて丸暗記すべきなのか?という疑問がありました。

丸暗記というと語弊がありますが、作曲を意図的に進めていく意味でやはりそれらはすべて覚えるべきで、またギターやピアノなど楽器を先に弾いていれば、コードフォームと関連付けて効率的に覚えていくことが出来ます。

例えばCとAmは似てるとか、Fの1フレット低いところにEがいる、とか。コード同士の関連性に着目して楽器を弾いていくと理解が深まると思います。いろいろ考えながら是非やってみてください。



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索