作曲の作業でのICレコーダーはまさに「相棒」とも呼べる存在ですが、私も愛用しているオリンパス製のICレコーダーも続々進化しているようです。

数年前に買ったものに比べて、現在では画面も大きくなって、録音できる容量も増えています。内蔵メモリで4GBとは、なかなか頼もしいですね。

非圧縮で録音できるとなると、自分のライブを録音したり、スタジオでの練習も高音質で録音できたりして用途が広がりそうです。

記事を読んでたら欲しくなってきました。

オリンパス、ICレコーダー「Voice-Trek」シリーズ「DS-800」&「V-65」に新カラバリ追加
(BarksNews)


作曲教室もやっています