ネット作曲教室はこちら

確かにいいかも

L.R.Baggsの新しいアコギプリアンプ「Session Acoustic D.I.」がジャズ系演奏にはどうか、という記事が載っています。

確かに、ジャズギターといえばセミアコ、フルアコが基本だし、あのホロウボディのふくよかなサウンドには一役買ってくれそうです。

特集ではアップライトのベースに同じく使ってみたり、あとはエレガットでの試奏もある模様。最近エレアコを引く機会がまた増えてきているので、ちょっと気になります。

Session DI レビュー on Jazz Life
(JES公式ブログ)