「良い曲の分析」に新しい記事を追加しました。

良い曲の分析「『Automatic』(宇多田ヒカル)」

今回改めて音源として聴いてみると、当時はそこまでわからなかったサウンドの素晴らしさが印象に残りました。

アレンジそのものはシンプルですが、音が太くて、R&Bのお手本となるような合理的な音使いが曲の雰囲気を作り上げています。

リリースから13年以上経ってると思うとなんだか感慨深いですね。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室