ネット作曲教室はこちら

見た目はかわいいけれど

RMEのオーディオインターフェース「Babyface」の新作が記事になっています。RMEといえば高音質で有名、動作も安定していてプロのユーザーも多いと聞きます。

確かに、DTM黎明期にはオーディオインターフェースはFirewireの仕様のものが多くてそっちを買わなきゃ主流には乗れないんじゃないかと思えたほどでしたが、ここ最近はもうUSBが主流になってますね。

レイテンシー性能も良くて内部回路も安定してて高品質、小さいのに高性能/高品質というのは日本人好みかも。マニアックな記事です。

製品開発ストーリー112:RME Babyface Pro
(リットーミュージック)