今日生徒さんと「メロディの重力」の話になりました。この件は作曲の技法としてよく語られながらもいまいち言葉で説明しづらい、でも確実に存在しているもので、メロディの持つ軸というかノリというか、そういった話です。

これがブロックや曲全体の中で揃っていたり綺麗にコントロールできていたりするとメロディがまとまっていく、というようなことなんですが、ボーカル曲のメロディは歌い手のリズムの取り方によっても変わるし、なかなか難しいところですね。

マイケルはこの「メロディの重力」をコントロールするのが天才的に上手いそうなので…改めて分析してみよう。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室