音楽共有の新しいかたち

最近こちらでご紹介した「Spotify」について、続きの記事が掲載されています。

バッファの時間なくプレイボタンを押したらすぐに音楽が流れるというのは画期的だし、ほとんどすべての音楽がそこにあるというのもユーザー心理をついていて、記事を読むほどに新しいサービスだということがわかります。

情報がシェアされる時代、やっぱり曲を共有していくのは音楽ファンとしてすごく楽しいし、そこにこそ音楽の未来があると感じます。

特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』
(Musicman-NET)