オンラインレッスンやっています

ボレロは実はポップなのでみなさんに聴いてほしい

(画像元:http://www.afpbb.com/articles/-/3085833)

​クラシック曲の「ボレロ」の著作権が消失するらしいです。このあたりの著作権の決まりはいまいちわかりませんが、パブリックドメインという扱いになるとのこと。

ボレロといえばリフをひたすら繰り返すあの構成が印象的で、私も以前にテレビでオーケストラの演奏を見て衝撃を受けました。とにかく、ひたすらメインのメロディを繰り返す、そして徐々に楽器が増えてアンサンブルが重厚になっていく、というアレンジはシンプルでいてそこに緻密な計算があるようで、ラヴェルの作曲家としての技量がうかがえると言われています。

私が見たのが、ドイツの「ヴァルトビューネ ピクニックコンサート」というクラシック野外演奏会の映像だったので、演奏の雰囲気も良かったし、観客もリラックスしていて和やかで、曲は迫力があってカッコ良くて、クラシック音楽って良いなと初めてしっかり思えた曲でした。

この記事を読んでまた改めてクラシック分析してみたくなったので、図書館行ってこよう。

クラシック音楽の人気曲「ボレロ」、1日に著作権消滅