(画像元:https://www.barks.jp/news/?id=1000135065)

池袋のパルコミュージアムで「大ラジカセ展」が行われるらしいです。この画像を見るだけですでに懐かしさで泣いてしまいそうですが、いまの30代~40代くらいのみなさんは特に楽しめると思います。

80年代のヒップホップアーティストが持っていたようなとにかくデカイラジカセから、ダブルカセットでダビングができる横長のやつとか、あとデスクの上に置いて聴けるようなコンパクトなやつ、スポーティーなやつ、など各社いろいろなモデルがありました。

このラジカセの先には、もっとしっかりしたコンポを買う、という目標があったり、ウォークマンも含め、各種オーディオ機器は当時の学生の生活の一部とかあこがれだったように思います。高校時代、作曲の時に思い付いたメロディをラジカセに吹き込んでいたのが懐かしい…。

「大ラジカセ展」100台のヴィンテージラジカセが池袋パルコに集合! モノとカルチャーの両面から「ラジカセ」を紹介
(BARKS音楽ニュース)


作曲教室もやっています