(キー=A)

「C#m7(-5) → F#7 → Bm7 → B♭M7 → AM7」

ちょっと切ないムードのある構成です。

フラットファイブコードには独特の切ない響きがあるため、通常のマイナーセブンスコードを必要に応じて変形させる、というだけでもアイディアとして成立します。

最後は裏コード利用によるルート半音下降です。



作曲教室もやっています