(キー=Em)

「Em → CM7 → Em → CM7」

ループ系コード進行として、マイナーの構成でトニックの機能を繰り返しています。

「Im」(この場合Em)を繰り返すだけでは単調すぎる、というような場面で、このような代理のメジャーセブンスが入ると独特な浮遊感が生まれて面白い構成になります。

「Em」を「Em7(9)」のようにテンションで装飾するとより都会的なサウンドになります。


作曲教室もやっています