(キー=A)

「A → D7 → C7 → G → A」

ロックでよく見られるループ形のコード進行です。

ここでは三和音以上のコード表記になっていますが、すべてをパワーコード(1度と5度)で鳴らすとよりロック的な雰囲気が生まれます。

「G」を経由せずにそのまま「C7 → A」と落ち着いても格好良いですね。


作曲教室もやっています