(キー=E)

「D → A7 → E」

ロック系によく見られる、トニックに落ち着くためのコード進行です。

「A7 → E」というようにサブドミナントから直接終止する響きがお洒落で、それにとどまらずブルージーなコードとして利用できる「D」(♭VII)も効果的に働いています。


作曲教室もやっています