(キー=A)

「AM7 → C#7 → DM7 → Dm7」

上昇していくベース音が気持ちいい、オシャレ系のコード進行です。

三つ目の「DM7」は、「C#7」の次に来るはずの「F#m」を裏切る形となっている代理コードです。

最後をドミナントコードとする構成も考えられますが、発展性を考慮してサブドミナントマイナーとしました。


作曲教室もやっています