(キー=Em)

「Em → CM7 → F#m7 → B7」

マイナーコードのシンプルな構成に少しひねりを加えたコード進行です。

2つ目の「CM7(♭IIIM7)」は、ここでは「Em(Im)」の代理の役割をしていて、トニックの機能が連続する構成になっています。

単に「Im」を連続させるよりも変化が感じられるため、バリエーションをつける意味でこういう手法はわりと重宝するはずです。


作曲教室もやっています