(キー=A)

「A → Em7,A7 → DM7 → E7」

「A7(I7)」をツーファイブに分解することで「Em7(Vm7)を挿入しているという、技巧系のコード進行です。

ノンダイアトニックコードの中でもこの「Vm7」は不思議な響きを持っていて、中でも「IV」に結びつくパターンはよく使われています。

このコードをBメロなどブロックのあたまに持ってきたり、「V」からの変形として提示するとサウンドがより際立ちます。


作曲教室もやっています