(キー=A)

「DM7 → C#m7(-5),F#7 → Bm」

フラットファイブを使った典型的な構成です。

ここでは「C#m7(-5),F#7」というように、フラットファイブ部分のコードは半拍ずつ短く並べられていて、セカンダリードミナントコードである「F#7(VI7)」の分解として解釈できます。

フラットした構成音に浮遊感があります。


作曲教室もやっています