(キー=A)

「A → CM7 → Bm7 → E」

このコード進行は「直接メロディを乗せる」というより、メロディの終わりや間奏などで重宝しそうな構成です。

ここでの「CM7」のような「♭III」系のコードはテンション抜きでもお洒落な雰囲気があるため、ノンダイアトニックコードのひとつとして覚えておくと重宝します。


作曲教室もやっています