(キー=E)

「E → A → Cdim → E」

「SAY YES」のサビ風コード進行です。ダイアトニックコードの構成の中に「Cdim」が足されているところがポイントです。

ここでは「B7(V7)」の代理として「Cdim(♭VIdim)」が使われていて、パッシングディミニッシュではない響きが新鮮に感じられます。

ラストはトニックに戻っていますが、ここから次の展開へもつなげられそうですね。


作曲教室もやっています