(キー=A)

「C#m7(-5) → F#7 → Bm7 → E」

フラットファイブのコードを使って、強進行を連続させる構成になっています。

中間部分での利用も可能ですが、Bメロ冒頭など、通常「IV」や「IIm7」などで始めてしまいがちなところでこの「IIIm7(♭5)」を利用すると意外性を演出できます。

「Bm7(IIm7)」をさらにフラットファイブにして「Bm7(-5) → E」という響きにしてしまうのもまた良いですね。


作曲教室もやっています