(キー=A)

「Bm7 → B7 → E7 → AM7」

サブドミナントからの終止の構成として、セカンダリードミナント「B7」が活用されています。

「IIm7 → V7(Bm7 → E7)」という流れを受けつつ、「IIm7」を変形させる形で「II7」を登場させているところに面白みがあります。

この例のように、一部でルートが保持される構成を作ると、コードのストーリーが一時保留されるためドラマチックな効果を生みやすく、それが曲の個性につながっていきます。


作曲教室もやっています