(キー=Am)

「Am → AmonG → DonF# → E7」

ルートである「A」の音を、分数コードによって順次で下降させていく構成です。

分数コードは「コードそのもの」と「ベースライン」という2つの解釈で、コードの構成音と転回形をイメージしながら構築していくと扱いやすいはずです。


作曲教室もやっています