(キー=C)

「FM7 → G7 → Em7 → Am7 → Dm7 → FM7 → G7」

ダイアトニックコードを主体としながら、トニック「C(I)」をあえて使用しない構成となっています。

「C(I)」を排除することで、長い間浮遊しているような雰囲気が生まれていて、耳なじみのあるコードを使いつつも、アイディアによって個性を出している例であるといえます。

「I」と「V」の配置によって、コード進行の波をこのように操作することができます。


作曲教室もやっています