(キー=F)

「F → F#dim → Gm7 → C7 → DM7」

パッシングディミニッシュと部分転調を掛け合わせたコード進行です。

二つ目の「F#dim(♭IIdim)」は「F(I)」と「Gm7(IIm7)」の中間に位置する橋渡しのコードで、パッシングディミニッシュの典型的な形です。

最後の「DM7(VIM7)」は、トニック「F」を平行調「Dm(VIm)」で代理しつつ、さらにその同主調「D」に部分転調させる、という解釈となっています。

この「平行調 → 同主調(またはその逆)」のアイディアは、転調のきっかけとして思いのほかいろいろな曲で利用されています。


作曲教室もやっています