(キー=D)

「D → E7 → Em7 → A7」

ボサノバでよく使用されるコード進行です。通常ここに9thや13thなどが付加されて、「DM7(9) → E7(9) → Em7(9) → A7(♭13)」のような構成になることが多いです。

特筆すべきは「E7(II7)」で、セカンダリードミナントコードがそのままマイナーへの変化するところに都会的な響きを感じます。

ベース音(ここではE)を保持しながら、内声の一部のみを変化させることでコードを変えていく手法も時として効果的です。


作曲教室もやっています