(キー=E)

「E → Am → E → Am」

ここでは本来ダイアトニックコード上「A(IV)」となるところを「Am(IVm)」として、サブドミナントマイナーコードを配置しています。

ベースの動きは「I → IV」という強進行でありながら、サブドミナントマイナーによって個性的な響きが生まれています。

単に二つのコードを繰り替えすだけでも、コード自体が特別な性質を持っていると、このように聴きごたえのある構成として成立します。


作曲教室もやっています