(キー=A)

「A → C#7 → D → G」

セカンダリードミナント「C#7(III7)」を活用したコード進行です。

一般的に「C#7(III7)」はドミナントモーションによって「F#m(VIm)」に結びつくことがほとんどですが、こちらの例では「D(IV)」へ進行させることで意外性をもたせています。

後半はもうひとつ変化を加える意味で「G(♭VII)」が活用されています。


作曲教室もやっています