(キー=C)

「C → GonB → B♭ → A7 → Dm」

ベース音の半音下降を演出したコード進行です。ここでのポイントは三つ目の「B♭(♭VII)」と、セカンダリードミナントの「A7(VI7)」で、これら二つが独特な響きを生んでいます。

「GonB(VonVII)」は「EmonB(IIImonVII)」などとすることも可能ですが、どちらを利用する場合も、ダイアトニックコードを応用することで綺麗にまとまっていくはずです。

ベース音が綺麗につながって下降しながら展開していく構成のため、メロディは小さなフレーズを繰り返すような単調なものも検討できます。


作曲教室もやっています